1. HOME
  2. ご挨拶

代表からご挨拶

横山暢彦

Zoo Medはカリフォルニアのコスタメサに2人のアメリカ人青年によって爬虫類・両生類専門生体卸会社として1977年に設立されました。そしてそれ以来ずっと数千種類の生体の管理と繁殖をおこないながら製品開発をしてきました。 最近になって出てきた爬虫類飼育施設も持たないコピーするだけの爬虫類メーカーとはワケが違います。 Zoo Medは現在も南カリフォルニアに世界最大級の屋内爬虫類・両生類飼育施設を持ち、そこで爬虫類・両生類卸部門を運営していて生体の輸出入卸をしています。また別の施設では絶滅危惧種の爬虫類・両生類繁殖研究所を設立して様々な種類のブリーディングに成功しています。またズーメッド ジャパンでは世界で初めて絶滅危惧種CITES付属書1のホウシャガメの正規輸入に成功しました。 Zoo Medはアメリカで初めて爬虫類栄養剤を開発し、世界で初めて爬虫類UVBライトを開発し飼育革命を起こしました。 Zoo Medはこれからもブリーダー、動物園、獣医の協力を得て製品開発をしていきますので今後ともZoo Med製品をよろしくお願いします。

ZOO MED JAPAN Co.,Ltd.
CEO 横山暢彦
Nobuhiko Yokoyama